HOTEL CENTRAZA

地球環境への配慮/ホテルセントラーザ博多では、地球環境に配慮し環境負荷低減に向けた活動に取り組んでいます。

地球環境への配慮

身障者の方への配慮

エネルギー対策

【全客室の照明を省エネ電球に切り替え】

2004年度までに、ホテル全客室197室において、電力量を約75%削減できる省エネルギー電球に切り替えました。最大使用時で一部屋に付き63kwhの電力が削減されています。

【ホテルスタッフも取り組む館内エコルール】

ホテルセントラーザ博多では、省資源・再利用・リサイクル・節水といったホテル運営を通しての取り組みの他に、我々ホテルスタッフ自身が取り組めることとして、館内エコルールを設定し省エネ活動を推進しています。

◎プライベートスペースにおけるエレベーターの使用制限
ホテルのプライベートスペースにおいて、2フロア以内の移動についてはエレベーターの利用を禁止し、非常階段を使用しています。(緊急時や、物販搬送の場合は除きます)

◎こまめな消灯と空調使用時の目安設定
プライベートスペース内の通路や事務所において、冷暖房を使用する際の室温目安(夏は28度・冬は20度)の設定、また使用していない電気のこまめな消灯といった省エネを心掛けています。

◎従業員食堂でのマナー
ゴミの削減を目的とし、ホテルスタッフが食事をする従業員食堂では洗い割を使用しています。
また、食べ残しの無いよう、配膳時の注意を呼び掛けています。

◎エコバックの利用
就業中に社内での飲食物をコンビニ等で購入する場合、エコバックを持参します。
社内で複数のエコバックを保有し、利用時に貸し出しをします。

← 前の項目へ | トップページ | 次の項目へ →